Contemporary System Furniture ComfortMK

はしごシステム



下記ボタンをクリックすることで詳細ページにアクセスいただけます。


















梯子システム構成要素と選択方法
プライベートもしくはビジネス環境のインテリアデザインは、ある個人が特定のデザイン・スタイルを選択した結果であり、私たちはそれを理解しています。だからこそ私たちはあなたの描くビジョンに対して解決策を提示します。梯子の基本的な枠組みはその縦材に依ります。
もし家具がクラシック、モダン、スカンディナビアン、あるいは多少素朴な雰囲気であれば、縦材が角ばっているとそれは場違いに見えます。クラシックシステム(丸型)の梯子はこのような場所には理想的です。縦材の形状は丸型ステンレスなので、どのような用途にもカスタマイズできます。ステップでも踏み板でも最終過程でデザインが完成します。


お客様一人ひとりのデザインビジョンをサポートするために、梯子を「アクセントシステム(角形)」「クラシックシステム(丸型)」の2つにカテゴリーに分けました。それぞれの梯子の外見は梯子縦材の形状で変わります。モダンな家具は明確さと直線によって定義されます。簡素で落ち着きのある外形が、お客様の快適な空間を保ちます。ここではアクセントシステムの梯子をご紹介します。四角形のステンレスで形成された梯子縦材は直線状です。また、すべてのアクセントシステムの部品はお客様のご要望によりカスタマイズできます。


1.梯子本体のデザイン

標準角型ステップ ステンレスヘアライン□20mm

標準丸型ステップ ステンレスヘアラインΦ20mm

 ステップの標準仕上は梯子本体と同じステンレスヘアラインになります。ステップの標準形状は梯子が角型の場合は角に、丸型の場合は丸になります。ステップはオプションで四角の踏み板形状で木や塗装仕上のバリエーションを用意しています。




 ・梯子のデザインを2種類からお選び頂けます。
 「アクセントシステム(角形)」と「クラシックシステム(丸型)」

 まず始めに梯子本体の基本的デザインを決定してください。
 梯子の縦材は角型と丸型、どちらがお好みですか?



2.梯子上部形状


・梯子の機能は上部の要素で決まります。
 梯子をどのように使用するかによって適切な機能を7種類からお選び頂けます。



3.踏み板(オプション)


・オリジナルの梯子がここで決まります。材料、形、色、表面加工を決めてください。
 背の高い梯子には木製またはステンレス製の踏み板タイプの使用をお勧めします。
 製作例はこちらををご参照下さい。



4.梯子ベース

梯子ベース 小(実物)


・どのように梯子をカスタマイズしても、最終的には状況に合わせて安全に、かつ柔軟に調節できる機能が必要になりま
 す。ベース部分も梯子の機能を左右します。そのために、2つのサイズの円形脚と梯子に乗っている際に梯子が勝手に
 左右にスライドしない様に、梯子に乗ると荷重でストッパーが働くローラー脚を用意しています。持ち上げて移動させ
 ますか?それとも梯子をローラーで移動させますか?詳しくはこちら



5.梯子脚の仕上と安全補助手すり(オプション)
  ステンレス鏡面仕上げ
  鏡面仕上げをする箇所をご指定下さい。
  安全補助手すり →詳しくはこちら
  梯子高さ3000mm以上は標準仕様



  あなただけの使い勝手の良いオリジナル梯子作ってみませんか?

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

7